/

函館駅の商業エリア一新 北海道キヨスク、新幹線開業に備え

北海道キヨスク(札幌市)は7日、2016年3月の北海道新幹線開業に向け、JR函館駅構内の商業エリアのリニューアルに着手したと発表した。1階を物販中心の専門店ゾーン、2階を飲食店ゾーンとする。地元産品を扱う菓子・飲食店などが出店・協力し、同駅限定商品も売り出す。

専門店ゾーン(約560平方メートル)はコンビニエンスストア、土産物店のほか、弁当販売の2店、スイーツ系5店で構成する。函館の人気洋菓子店「スナッフルス」のコーナーや、地元の老舗ベーカリー「キングべーク」がプロデュースするチョコレート専門店を配置、製造実演コーナーも併設する。

2階の飲食ゾーン(約360平方メートル)には地元人気店のプロデュースによるラーメン店や海鮮中心のレストランなど3店がテナントとして入る。新幹線が開業する16年3月までに順次開店する。

このほか、同社は七飯町のJR大中山駅の隣接地に弁当工場の新設工事を進めている。生産能力を函館駅敷地内の現工場の1.5倍の1日3千食に増強する計画。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません