みずほとオリコ接近、視線の先は

2015/9/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

みずほフィナンシャルグループが信販大手のオリエントコーポレーションへの出資比率(議決権ベース)を約22%から49%に引き上げた。キャッシュカード一体型のクレジットカードを共同開発するなど協力を深める。視線の先には親密カード会社のクレディセゾンが見え隠れする。

みずほは2010年にオリコを持ち分法適用会社にして無担保ローンの保証業務で協力してきた。今後は「カード事業などの決済分野での連携を強化する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]