2018年11月19日(月)

野党と与党の中間「ゆ党」の先行きを憂う(風見鶏)

2015/9/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

どんな選挙でも必ず野党に投票するという有権者がいる。権力は強すぎない方がよいと熟慮してそうする場合もあろうが、とにかく偉そうなやつが気にくわないという単なるすね者のことも少なくない。

投票行動分析の権威である政治学者モリス・フィオリーナ氏の業績評価投票理論では説明できないこうした有権者の志向に最も合うのが、選挙が近づくたびに出てくる「新党」である。既成政党を歯切れよく批判するカリスマ的なリーダー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報