/

この記事は会員限定です

ストーカーの治療促す 警察官、精神科医らと連携

[有料会員限定]

警察庁は2016年度から、警察官と専門家が早い段階で連携しながらストーカーの加害者に治療を促す新しい取り組みを始める方針を決めた。警察官は精神科医らに心理状況などを説明して対応の助言を受け、必要性に応じて加害者にカウンセリングや治療を勧める。治療の機会を増やしてストーカー行為の再発防止につなげるのが狙いという。

ストーカー被害は年々増加している。全国の警察が14年に把握した被害は前年比8.2%増の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り672文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン