2019年7月20日(土)

神戸港、大型船対応クレーンを増設 国際競争力を強化

2015/8/29付
保存
共有
印刷
その他

阪神港(神戸港と大阪港)を運営する阪神国際港湾(神戸市)は、神戸港に大型コンテナ船向けのコンテナクレーンを増設する。横に22列のコンテナを積める大型船に対応するクレーンを3基増やす。国の「国際コンテナ戦略港湾」として機能を強化し、国際基幹航路の維持・拡大につなげる。

台風の影響で当初24日だった設置作業の開始日がずれ込んでいるが、近日中に日本郵船が借り受ける六甲アイランドの岸壁で据え付け作業を始める。2カ月程度の電源接続や試運転を経て、11月ごろの荷物揚げ降ろしの開始を目指す。

基幹航路ではコンテナ船の大型化が進んでおり、22列対応のクレーンはコンテナを1万4千TEU(20フィートコンテナ換算)積載する大型船に対応でき、荷役作業の効率化が図れる。今回の増設により、神戸港にある22列対応のクレーンは合計11基となる。

神戸港の2014年のコンテナ取扱量は前年比2.5%増の261万6千TEU。さらなる上積みに向け、昨年10月に神戸と大阪の埠頭会社が経営統合して発足した阪神国際港湾がインフラの整備を進めるのと同時に、韓国・釜山港などに流れている貨物を取り戻すための施策にも取り組んでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。