2019年1月19日(土)

ミャンマー新空港、供用開始4年延期か

2015/8/28付
保存
共有
印刷
その他

■ミャンマー・ハンタワディ空港(ヤンゴン郊外の新空港) 供用開始が当初予定の2018年から22年に延期される見通しとなった。28日付の国営紙が報じた。約15億ドル(約1800億円)とされる事業費の手当てに手間取っている。

同空港の建設は昨年10月、日揮とシンガポール・チャンギ空港グループの企業連合が優先交渉権を取得していた。

ハンタワディ空港は最大都市ヤンゴン北郊のバゴーで建設が予定されている。受け入れ能力は年1200万人と既存のヤンゴン国際空港の約4倍。ミャンマー政府は同空港のプロジェクトに対して、日本からの政府開発援助(ODA)の供与を求めているが、日本政府はODA供与を正式に決めていない。(ヤンゴン=松井基一)

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報