/

佐賀大・佐賀県・オプティム、IT使った農業振興で連携

佐賀大学、佐賀県、オプティムは27日、小型無人機「ドローン」やウエアラブル端末など、IT(情報技術)を活用し農業を振興するため連携協定を締結した。農地にドローンを飛ばして集めた気象や画像などのビッグデータを蓄積・解析し生産性を高めたり、営農者に技術を遠隔支援したりする取り組みなどを産官学で進め、農業の競争力を強化する。

3者は県や大学が持つ圃場の上空からドローンで得たデータをオプティムの技術で蓄積・解析し、病害虫の早期発見、生育管理の省力化や農作業の効率化を目指す。人材不足の中でも技術を伝承するため、眼鏡型のウエアラブル端末「スマートグラス」などを使い、遠隔地にいる専門家らから助言を受けられる仕組みを整える。

同日開いた記者会見で佐賀大の渡辺啓一農学部長は「(連携で生まれる知見やノウハウは)稼げる農業へ現場で生かせる。早く農家を巻き込みたい」と述べた。オプティムの菅谷俊二社長は「既存の農業をいかに発展させるかに着目している。利益を得られるようになるのも早いだろう」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン