/

この記事は会員限定です

ヤマダ、3Dプリンターでフィギュア 結婚式場などから受託

[有料会員限定]

ヤマダ電機は樹脂を使って立体をつくる「3Dプリンター」でフィギュア(人形)を製造するサービスを始める。結婚式場などにカップルらを撮影する機器を提供して、ヤマダがフィギュアの造形を受託する。自社の主要店舗では消費者へ直接販売も始める。新たな技術に親しんでもらい、3Dプリンターの販売拡大にもつなげる考えだ。

人物の形を読み取るスキャナー、回転台などの撮影機器を結婚式場や写真館、商業施設に税別240万円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り685文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン