ANAHD、傘下のバニラが営業黒字化 格安航空が収益軌道に

2015/8/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ANAホールディングス傘下の格安航空会社(LCC)が収益軌道に乗ってきた。100%子会社、バニラ・エアは2016年3月期の営業損益が5億円程度の黒字(前期は37億円の赤字)見通しで、設立5年目で初めて黒字になる。ピーチ・アビエーションはすでに黒字化。ANAHDが出資する他の地方航空会社も含め、安定して稼ぐ体制が整いつつある。

LCCは少ない機材を効率的に使い、低価格運賃で着実に利益を出す事業モデ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]