/

この記事は会員限定です

危険な病原体扱える施設稼働へ エボラなど研究進展に期待

[有料会員限定]

エボラウイルスなど致死率が高い危険な病原体を扱える施設が、国内で初めて稼働する。厚生労働省は今月7日、国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)を「BSL(バイオ・セーフティー・レベル)―4」施設に指定した。危険なウイルスが国内に入ってくる懸念が高まる中、関係者の期待は高い。ただ、設備上の制約などから研究が一気に進むわけではなさそうだ。

「地元理解を得ながら、ウイルス研究を進めることが重要だ」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1040文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン