増税、酎ハイ・ハイボールも 16年度税制改正で浮上

2015/8/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今年末に決まる2016年度の税制改正で、チューハイやハイボールが増税になる可能性が出てきた。政府はビールの酒税を下げる一方、発泡酒と第三のビールは上げて350ミリリットルあたり55円に統一することを昨年から検討中。ここにきて第三のビールと税額が同じチューハイやハイボールも併せて増税する案が浮上している。日本酒やワインも含めた抜本的な酒税見直しの議論に発展する勢いだ。

現在、ビールと発泡酒、第三の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]