シャープ出身人材、6割に求人 大阪労働局分

2015/8/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

シャープとその関連会社で再就職を希望し、大阪労働局のハローワークに登録した人が15日時点で100人に達したことが分かった。一方、離職予定者の特別相談窓口を開設した同局に寄せられた求人数は計61人で、6割程度は再就職できる計算になる。シャープは21日に希望退職の応募者数を発表するが、景気回復で人材不足が顕著になる中、ある程度の雇用吸収が図られそうだ。

同局は今月5日にシャープと関連会社の社員向けの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]