/

この記事は会員限定です

米産牛バラ肉が下落、昨冬の半額に 中国が輸入禁止徹底

[有料会員限定]

牛丼などに使う米国産の牛バラ肉(ショートプレート)が一段と下落した。国内では価格が急騰していた昨年冬のピークと比べ半額程度まで下がった。大量に買っていた中国が米国産牛肉の輸入を厳しく取り締まるようになった影響が大きい。

冷凍した米国産ショートプレートの国内卸値は、このところ1キロ500円台後半~600円程度となっている。昨年秋~冬には同1100円程度まで上がっていたが、今年に入って下げが目立つ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り375文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません