/

この記事は会員限定です

三越伊勢丹HD、衣料品販売ITで集客 仮想試着など

[有料会員限定]

三越伊勢丹ホールディングスはIT(情報技術)を活用した衣料品販売の強化に乗り出す。大型ディスプレーによる仮想試着や人工知能(AI)を使ったコーディネート提案を取り入れる。都心の百貨店は訪日客増加などの追い風があるが、中長期的に新たな集客策が必要とみて、中核であるファッションの売り場で実験する。

米国のベンチャー企業が開発した新たな試着システムを導入する。全身が映る大きさのディスプレーを設置し、画面...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り738文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン