信州大、航空機システムを研究 飯田に大学院の講座

2015/8/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

信州大学は2017年春、飯田市に大学院のキャンパスを設け、地元企業と共同で航空機システムの研究講座を設置する。航空機部品を製造する多摩川精機(飯田市)が人材面で協力、八十二銀行などが資金提供を検討している。地元自治体も建物の貸与などで協力する。産官学に金融機関が加わり、航空機分野を地域の産業振興の柱に育てる。信州大の産学連携は地域・分野とも大幅に広がる。

16年度中に同分野に詳しい専任教授を主に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]