/

この記事は会員限定です

年金機構「旧社保庁より悪化」 情報流出で検証委指摘へ

人事構造にゆがみ、意思疎通が不足

[有料会員限定]

サイバー攻撃を受けて日本年金機構の個人情報が流出した問題で、有識者で構成する検証委員会は年金機構のガバナンス(統治)が前身の社会保険庁の時代に比べて「悪化した」と指摘する方向で最終調整に入る。来週にも公表する中間報告に盛り込む見通しだ。人事制度の異なる職員間での意思疎通が不足し、初動が遅れたことが、125万件もの情報流出につながった要因とみている。

複数の関係者への取材で分かった。検証委は6月か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り807文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません