/

この記事は会員限定です

大日本住友、発達障害の治療薬開発へ 17年度にも米で販売申請

[有料会員限定]

大日本住友製薬は子供の発達障害の治療薬を開発する。米国では約450万人の患者がいるとされる「ADHD(注意欠如・多動症)」という病気で、落ち着きがなく動き回ったり注意力が散漫になったりする。現在、小児患者を対象とした臨床試験(治験)で効果を確認中で、2016年にも最終的な治験を実施する。17年度に米食品医薬品局(FDA)に販売申請して製品化を目指し、年500億円規模の大型薬に育てたい考えだ。

AD...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り358文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン