/

この記事は会員限定です

機能性食品、4割がトクホと同成分 効率的に商品化

[有料会員限定]

4月に始まった機能性表示食品制度で、消費者庁が7月末までにホームページで公開した66商品の約4割は、特定保健用食品(トクホ)と同じ成分を含んでいることが6日、分かった。トクホ向けに開発した商品の成分を転用し、効率的に商品化しているとみられる。消費者にとっては、2つの制度の違いが分かりにくくなっているとの指摘もある。

国の審査を経たトクホと企業の責任で効果をうたう機能性表示食品。東京都内のコンビニで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り637文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン