/

この記事は会員限定です

ベトナムコーヒー、ネスレと育む 新工場稼働

首位ブラジル追う

[有料会員限定]

世界2位のコーヒー豆輸出国ベトナムが、首位のブラジルを追い上げている。主導するのがスイスの食品世界大手ネスレだ。農家に栽培技術を教え、品質や生産性を高めるとともに、供給増へ新たな加工工場をこのほど稼働した。新興国などのコーヒー需要の拡大を背景に、ベトナムを即席コーヒー用豆の最大の供給拠点としてより強固にする考えだ。

農家の栽培支援

ベトナム中部の高原地帯に広がるコーヒー農園。「病気が広がらないよう枯れた枝は取り除...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1218文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン