/

日本監査役協会、監査基準を改訂 統治指針施行で

日本監査役協会(東京・千代田)は4日、企業統治指針の施行に伴い各社の監査役業務の目安となる「監査役監査基準」を改訂したと発表した。取締役会が成長戦略を議論し、必要な経営リスクを取っているかなどを監視するよう求めている。

監査の実効性を高めるための方策も盛り込んだ。会社が抱える課題について社外取締役と意見交換したり、取締役などに積極的に意見したりすべきだとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン