/

四国銀、取引先のタイ進出支援 ファンドと組む

四国銀行は取引先企業の東南アジアへの進出支援を強化する。企業再生ファンドと業務提携し、タイでコンサルティングしたり現地情報を提供したりする。四国銀はこれまで、インドネシアやカンボジアなど5カ国で同様のサービスを提供しているが、タイでは提携先がなかった。地元企業の事業拡大を後押しする。

提携するのはジェイ・ウィル・パートナーズ(東京・千代田)を中心とした企業グループ傘下のジェイ・ウィル・インターナショナル(同)とそのタイにおける現地法人。四国銀の取引先企業は進出するときに、現地法人設立準備や資金調達など必要な支援を受けられる。

四国銀はフォーバルなどと連携し、ベトナムやミャンマーなどへの進出支援を手掛けてきた。お客さまサポート部では「要望の強かったタイでサービスを提供する体制が整った。取引先の海外展開を積極的に後押ししていく」と話している。中国四国地方では香川銀行や中国銀行などが同グループと業務提携している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン