/

この記事は会員限定です

再生医療向け神経・心臓細胞、iPS使わず効率作製 東大など

[有料会員限定]

再生医療に使う神経や心臓の細胞を患者の皮膚からiPS細胞を介さずに効率よく作る研究が脚光を浴びている。京都府立医科大学はヒトの皮膚細胞に特殊な化学物質を与え、8割以上の確率で神経細胞に似た細胞に変えた。東京大学はマウスの皮膚細胞へ遺伝子を導入し、心筋の一種に育てた。iPS細胞を培養する手間が省け、これまで数カ月かかるとされた治療の準備期間が数週間に短縮できる可能性があるという。再生医療の選択肢が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り858文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません