/

IOC広報部長「商標確認済み」 東京五輪エンブレム問題で

【クアラルンプール=共同】国際オリンピック委員会(IOC)のアダムス広報部長は31日、2020年東京五輪の公式エンブレムがベルギーの劇場のロゴなどと酷似していると指摘されている問題で「通常の国際的な登録商標の確認が行われた」とし、問題はないとの認識を示した。

同広報部長は「大会組織委員会は長期にわたる包括的で透明性の高いプロセスを経てエンブレムを選定した」と説明し「大会のビジョンを示す力強いシンボルで、日本だけでなく国際的にも大会の成功に寄与するだろう」と期待した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン