死因は溺死、殺人と断定 神奈川・三浦の女性遺体

2015/7/31付
保存
共有
印刷
その他

神奈川県三浦市三崎町の小網代湾の海上でシートに包まれた女性の遺体が見つかった事件で、神奈川県警は30日、司法解剖の結果、死因は溺死と明らかにした。遺体の肺に水が入っていたことから、県警は生きたままシートでくるまれ海に入れられたとみて殺人事件と断定し、三崎署に捜査本部を設置した。

巻かれていたロープに付いていた重りはコンクリートブロック1個だったことも県警への取材で分かった。女性は遺体発見前日の28日ごろに死亡したと推定される。30~40代とみられ、目立った外傷はなかった。

捜査本部は女性の身元確認を急ぐとともに、聞き込みをして目撃者がいないか捜査。周辺の防犯カメラ映像を解析して不審人物が映っていないかどうかも調べている。

29日午前10時ごろ、小網代湾の岸から20~30メートル沖に人のようなものが浮いているのを地元の男性が発見。三崎署などが引き揚げた茶色いシートの中から遺体が見つかった。服を着ていたが身元を示す所持品はなかった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]