伊藤忠が最高益1200億円 4~6月最終、生活資材の販売伸びる

2015/7/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

伊藤忠商事の2015年4~6月期の純利益(国際会計基準)は前年同期と比べ約5割増えて1200億円程度となったもようだ。四半期ベースで初めて1000億円を超え、最高益を更新する。タイヤやパルプといった生活資材の販売が伸び、繊維や食料も好調だった。米建材会社の売却益が生じたことも利益を押し上げた。

強みを持つ非資源部門が増益に貢献する。住生活・情報部門では出資先のフィンランドの針葉樹パルプ会社がアジ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]