/

この記事は会員限定です

広島の環境企業、途上国で攻勢 水道や製油所効率化

[有料会員限定]

広島の環境関連の中小・中堅企業が東南アジア、中米など途上国への売り込みに力を入れている。途上国でも水資源の有効利用や二酸化炭素(CO2)の排出量削減といった環境対応が課題になりつつある。国内市場の大きな成長が見込めないため、都市部や工業地帯を抱える広島で培った環境技術を海外に展開し、事業を拡大する。

水道の設計や管理システムを手掛けるパイプデザイン(広島市)はインドネシアに進出する。ジャカルタ近郊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り826文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン