2018年11月17日(土)

どんな言語でも分析できるソフト 統計数理研などが開発

2015/7/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

統計数理研究所などはさまざまな言語で書かれたどんな文章でも、そこに使われている単語を抽出し、名詞や動詞などの種類を判別できるソフトウエアを開発した。大量の文字さえあれば、文法が分からなくても解析できる。話し言葉を理解する人工知能の開発や古文書の解読などに役立つと期待している。

ソフトはデンソー子会社のデンソーアイティーラボラトリ(東京・渋谷)と共同で開発した。文法は一切使わず、数学的な手法を使っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報