国有企業の優遇制限へ TPP首席交渉官会合でほぼ決着

2015/7/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ラハイナ(米ハワイ州)=八十島綾平】環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の参加12カ国は25日午後(日本時間26日午前)に米ハワイ州で開いた首席交渉官会合で、国有企業の優遇措置を制限する方向でほぼ決着した。具体的には政府部門が自国の国有企業への融資で優遇金利を適用することを禁止するほか、他国に対して国有企業の情報開示を求める。

24日に開幕したTPP首席交渉官会合で固まった。国有企業分野について…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]