石炭火力2件に異議 環境省方針、温暖化対策に危機感

2015/7/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

環境省は愛知県武豊町と千葉県袖ケ浦市で進行中の大型石炭火力発電所の建設計画について、環境影響評価(環境アセスメント)法に基づき、計画に異議を唱える方針を固めた。電力業界に求めてきた温暖化ガス削減の自主目標が同省の求めた条件に合致していないと判断した。このまま石炭火力の計画が進めば、国際公約である2030年時点の温暖化ガスの削減目標達成は厳しいとの考えが背景にある。

環境省は27日に有識者会合を開…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]