新国立白紙「責任取らせるべき」 都知事が文科省批判

2015/7/24付
保存
共有
印刷
その他

東京都の舛添要一知事は23日、都内の講演で、新国立競技場の建設計画に関する文部科学省の対応について「きちんと役人に責任を取らせるべきだ」と述べ、あらためて強く批判した。

知事は「組織の長(文科相)が信賞必罰をしなければ、その組織は腐りきっていく。それができないなら長は辞任してください」と指摘。「それをやらなければ、その長を任命したのは内閣総理大臣なので、任命責任までいく」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]