東京都内で企業のアスリート採用広がる JOCなど橋渡し

2015/7/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都内で五輪やパラリンピックをめざすアスリートを雇用する企業が増えている。日本オリンピック委員会(JOC)が進める企業と選手を結び付け、雇用と生活の安定を後押しする就職支援説明会「アスナビ」が拡大したことが背景。都も2015年度からアスリートの就職支援や企業側に選手雇用の情報を提供するなど、新たな事業を開始。官民で支援の動きが広がっている。

城北信用金庫(東京・北)は今春、アスナビを通じて採用…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]