こだわり花火 百花繚乱 バラ売り、包装も工夫

2015/7/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関東・甲信や近畿地方で相次ぎ梅雨が明け、いよいよ本格的な夏がやってきた。東京は25日に隅田川花火大会が開かれる。袋詰めのセット商品ではなく1本1本を選ぶ楽しみや、歴史ある国産の輝きを鑑賞する。大人も楽しめるこだわりの花火が百花繚乱(りょうらん)だ。

「花火職人も太鼓判」「派手だけど堅実派」。「fireworks」の花火はユニークな名前ばかり。国内外から選んだ花火を1種類ずつ包装している。発売元は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

訂正> 22日18時1分に掲載した「こだわり花火 百花繚乱 バラ売り、包装も工夫」の記事中、「『山縣商店』(東京・台東)の山縣常広会長」とあったのは「山縣常浩会長」の誤りでした。(2015/7/23 15:36)

電子版トップ



[PR]