/

この記事は会員限定です

基礎的収支の赤字、3兆円縮小 内閣府20年度試算

[有料会員限定]

内閣府は16日、新たな経済財政の中長期試算の骨格を固めた。2020年度の国・地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス)の赤字額は6兆円程度と試算。2月時点で見積もっていた9兆4千億円から3兆円ほど減る見通しだ。景気回復に伴う税収の上振れなどを反映した。「20年度までに削減する」と国際公約していた赤字額の約3分の1が消える格好だ。

来週に予定する経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)に示す。

赤字...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り632文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン