/

この記事は会員限定です

宇都宮市のLRT運営、関東自含む三セクで

国と自治体で計49%を出資

[有料会員限定]

宇都宮市は2019年度中の運行開始を目指すLRT(次世代型路面電車)の運営主体について、公募に応じた関東自動車(宇都宮市)を含む第三セクターとする方針を固めた。LRTの運行には運転手の確保など課題が多く、官民で支える必要があると判断した。国と自治体で計49%を出資し、残り51%を民間出資とする見通し。関東自動車は経営の主導権を握りたい意向で、今後出資比率を最終調整する。

宇都宮市は7月中をメドに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り583文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン