北斗市、新幹線の新駅生かし観光誘客強化 きじひき高原など

2015/7/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北斗市は2016年3月の北海道新幹線開業に向けて、市内への観光誘客の取り組みを強化する。きじひき高原、トラピスト修道院など集客エリアで施設や道路の整備を進めて魅力を高めるほか、市独自で首都圏の地域イベントに参加して新幹線開業をPRする。地元に新幹線の新函館北斗駅ができるのを機に、これまで手薄だった観光振興に力を入れる。

新函館北斗駅に近く、函館の市街地や大沼公園を一望できるきじひき高原では、7月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]