/

「採決反対」怒号の中 安保法案可決

野党「議論が不十分」

衆院平和安全法制特別委員会で15日昼すぎ、安全保障関連法案が与党の賛成多数で可決された。反対する野党議員からは「強行採決反対」などと激しい怒号が飛び、委員会室は騒然とした雰囲気に包まれた。

安倍晋三首相が出席した締めくくり質疑は午前9時すぎから始まり、与野党の議員や多くの傍聴人らが詰めかけた。

野党議員が「議論が深まっていないことを首相自身が認めているのに、採決はできない」と声を張り上げたのに対し、安倍首相は「政府は国民の命を守る責任がある」と法案への理解を求めた。

安倍首相が答弁するたび、野党席からは声をかき消すほどのやじが上がり、浜田靖一委員長がたびたび「不規則発言は慎むように」と注意した。

正午すぎには野党提出の質疑継続の動議が否決され、委員会室は一段と騒然とした雰囲気に。浜田委員長の席に野党議員らが詰め寄り、「強行採決反対」「アベ政治を許さない」などと書かれた紙を掲げるなどして抗議した。

午後0時20分すぎ、維新の党が提出した対案が否決され、怒号がやまないなかで、政府案の採決が行われた。賛成の起立を求める浜田委員長の呼びかけに応じた与党議員が淡々と立ち上がり、法案は可決された。

浜田委員長がもみくちゃにされながら可決を告げると、周囲を取り囲んだ野党議員らは拳を突き上げながら「強行だ」「やめろ」などと叫び、可決後も委員会室では「反対」コールが続いた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン