東鉄工業、年配当60円に倍増 18年3月期メド

2015/7/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鉄道工事が主力の東鉄工業は2018年3月期をメドに年間配当を前期実績(30円)の約2倍の60円前後に引き上げる。鉄道耐震化や駅ビル工事に加え、東日本大震災の被災地の復興関連工事などの受注を伸ばす計画。18年3月期の連結純利益は過去最高の80億円を見込み、大幅増配につなげる考えだ。

18年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]