米NYに日本人向け滞在型ホテル 静岡中島屋、3棟目

2015/7/15付
保存
共有
印刷
その他

静岡中島屋ホテルチェーン(静岡市)は20日から米ニューヨークで3棟目となる日本人向けのアパートメントホテルを開業する。2011年から取り組んでいる米国事業の一環で、約7億5000万円を投じて5階建ての住宅を取得し、10部屋のホテルに改装した。

今回、開業するホテルは1860年代に建てられた住宅で、地元自治体の歴史的建造物保存地区として指定されているエリアだという。昨年春に取得していたが、老朽化が進んでいたため約1年かけて内装を全面改装した。

同社は来年迎える創業100周年の事業として、11年からマンハッタン中心地で住宅を活用したアパートメントホテル事業を展開している。既に2棟がホテルとして稼働しており、今回の営業開始により3棟合わせて50部屋となる。

日本からの駐在員や出張、旅行向けの長期滞在ホテルとして活用し、運営はすべてリロ・ホールディングに委託する。3棟あわせて年間約1億円の売上高を見込む。今後も追加取得を検討するとともに、社員の研修などでノウハウを構築し早期の自社運営を目指す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]