/

この記事は会員限定です

津別町農協、国産飼料100%の生乳 TPPに備え

[有料会員限定]

津別町農業協同組合(JAつべつ)に所属する酪農家が2021年度をメドに国産飼料100%での生乳生産を始める。輸入飼料に頼るタンパク質を国内で生産・調達する飼料で代替する。環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の大筋合意への機運が高まり、乳製品輸入のハードルも引き下げられると見られるなか、付加価値を高める。円安で輸入穀物の価格が上昇しており、酪農家の経営安定にも寄与するとみる。

酪農飼料の100%国産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り634文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン