/

この記事は会員限定です

仮設住宅、梅雨のカビが大敵 被災者ぜんそくの恐れ

[有料会員限定]

梅雨入りした東日本大震災の被災地の仮設住宅で、しつこいカビが被災者を悩ませている。風通しの悪い仮設住宅はカビが繁殖しやすい。入居者は高齢者も多く、清掃ボランティアがカビ除去の手伝いに乗り出している。専門家は「湿気が多くなってカビの繁殖が進めば、ぜんそくの発症につながる恐れがある」と注意を呼びかけている。

「24時間、換気扇をかけっぱなし。それでもカビが生えてくるんだよ」。6月中旬、宮城県石巻市の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り684文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン