/

富士山MS上場、初日は買い気配続く

雑誌の定期購読仲介サイトを運営する富士山マガジンサービスが7日、東証マザーズに上場した。終日買い気配が続き、初日は取引が成立しなかった。2015年下期に入って1社目の上場が順調に滑り出した格好だ。

最終の気配値は公募・売り出し価格(公開価格)2650円の2.3倍にあたる6100円だった。「Fujisan.co.jp」は雑誌に特化した定期購読の仲介サイト。記者会見した西野伸一郎社長は「定期購読が普及していない日本で、新たな需要を掘り起こしたい」と抱負を述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン