ネット銀行が安全性強化 住信SBI、疑わしい取引は停止

2015/7/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インターネット専業銀行が取引の安全性を強化している。最大手の住信SBIネット銀行は監視を強化し、不正が疑われる場合は取引を停止する体制を導入した。ジャパンネット銀行は使い切りのパスワードによる認証に全面移行した。2014年に不正送金の被害額が前の年に比べ倍増するなど、手口が巧妙化している状況に対応する。

住信SBIが5月末から始めた体制は、取引をアクセス情報などである程度ふるいにかけ、不正が強く…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]