東芝、経営陣が「予算達成」圧力 不適切会計の背景に

2015/7/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝の不適切会計問題は利益の減額修正幅が5年間で1500億円を超す見通しとなった。不適切処理が近年常態化していた背景には、予算達成へ向けたトップの強い圧力があったようだ。関係者によると、毎月の定例会議では予算未達の事業部門が厳しく追及され、現場が無理を重ねる要因となった。第三者委員会もこの点を注視しているもようで、田中久雄社長ら経営陣の責任を問う声も出ている。

「何もなければ15分くらいで終わる…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]