コメ、大豆・小麦に5.5万トン転作 15年度

2015/7/3付
保存
共有
印刷
その他

コメの生産調整(減反)が進んでいる。農林水産省は3日、大豆と小麦への転作で2015年産の主食用米の生産量が5万5000トン減る見込みを明らかにした。同日開いた自民党の会合で説明した。15年産米の需給が引き締まる要因になりそうだ。

国産の大豆と小麦は、コメからの転作作物として水田を活用して生産する例も多い。農水省は15年産米の生産数量目標を14年産の実際の生産量と比べ37万トン少ない751万トンに設定。減産幅を上乗せした参考値を739万トンとしている。飼料用米なども含めた転作作物の増産を促している。

国産大豆は納豆や豆腐メーカーが使用を増やし価格も高止まりしている。生産者の手取りは補助金が手厚い飼料用米と同等で15年産の作付面積は前年比で増える見通し。国産小麦も製パン会社から引き合いが強い。

全国農業協同組合連合会(全農)は、15年産の飼料用米を前年の生産量(18万トン)の3倍強の60万トン買い取る計画だ。5月15日時点の計画では35万トンにとどまるが、農水省は上乗せが見込めると説明している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]