/

コメ、大豆・小麦に5.5万トン転作 15年度

コメの生産調整(減反)が進んでいる。農林水産省は3日、大豆と小麦への転作で2015年産の主食用米の生産量が5万5000トン減る見込みを明らかにした。同日開いた自民党の会合で説明した。15年産米の需給が引き締まる要因になりそうだ。

国産の大豆と小麦は、コメからの転作作物として水田を活用して生産する例も多い。農水省は15年産米の生産数量目標を14年産の実際の生産量と比べ37万トン少ない751万トンに設定。減産幅を上乗せした参考値を739万トンとしている。飼料用米なども含めた転作作物の増産を促している。

国産大豆は納豆や豆腐メーカーが使用を増やし価格も高止まりしている。生産者の手取りは補助金が手厚い飼料用米と同等で15年産の作付面積は前年比で増える見通し。国産小麦も製パン会社から引き合いが強い。

全国農業協同組合連合会(全農)は、15年産の飼料用米を前年の生産量(18万トン)の3倍強の60万トン買い取る計画だ。5月15日時点の計画では35万トンにとどまるが、農水省は上乗せが見込めると説明している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン