金沢の北菱電興、イチゴ栽培用ロボ開発 金沢工大と共同で

2015/7/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電気・電子機械機具の開発・製造も手掛ける商社の北菱電興(金沢市)は金沢工業大学と共同で、イチゴの栽培用に実や花を自動で間引くロボットを開発する。同社の画像認識技術に、金沢工大の実や花を正確につかんで切り取るロボットを組み合わせる。収穫量は増えるが人手がかかる間引きをロボットで自動化することで、人件費削減につながることをアピールし、3年後をめどに農業法人などに売り込む。

イチゴは茎が枝分かれを続け…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]