/

この記事は会員限定です

165億円は高い? ソフトバンク孫氏後継者(真相深層)

[有料会員限定]

ソフトバンクグループが2014年9月に米グーグルから引き抜いたニケシュ・アローラ副社長(47)に対し、約165億円の報酬を支払ったことが明らかになった。アジア中心にネット関連企業への投資を加速するソフトバンクグループ。孫正義社長が「後継候補」と明言するアローラ氏はどんな役割を担うのか。

ナプキンの裏に

14年6月、米カリフォルニア州ロサンゼルスの日本食レストラン。テーブルの上の紙ナプキンをつまみ上げた孫氏は日付と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1278文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン