軽油スポット3割高、原油高や輸出増で

2015/7/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トラック燃料の軽油価格が上昇している。スポット(業者間転売)価格は1月の安値から3割高い。店頭価格も10週連続で上がっており2月の底値と比べ8%高い。原油の値上がりなどでコストが上昇。円安を受けた輸出増加が需給を引き締めている面もある。運送会社は軽油高に加え人手不足による人件費の増加もあり、昨年に引き続き運賃の引き上げを模索している。

軽油のスポット価格は1リットル60.75円(京浜地区、海上物…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]