世界遺産登録へ日韓が表現調整 外務省幹部が訪韓

2015/7/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ソウル=峯岸博】杉山晋輔外務審議官は1日、韓国を訪れ、同国外務省の趙兌烈(チョ・テヨル)第2次官らと「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産への登録などをめぐり協議した。内容は明らかにされていないが、今月初旬のドイツでの世界遺産委員会で植民地支配時代に一部施設で朝鮮半島出身者が徴用された歴史を日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]