/

この記事は会員限定です

特許庁、インド当局と協力強化 日系企業の出願増で

[有料会員限定]

特許庁はインドと知的財産分野で協力を深める。両国の審査官が実務研修で行き来する機会を増やすほか、日本の特許情報システムの一段の活用を促す。経済成長が続くインドと知財分野で協力を深め、同国に進出する日系企業の事業環境を整える。

29日に伊藤仁特許庁長官とインド商工省のアミターブ・カント産業政策・振興担当次官が覚書に署名した。インドにおける日系企業の特許出願件数は2013年に約60...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン