/

この記事は会員限定です

利根川氏「記憶操る手法確立」 脳研究の先端を語る

[有料会員限定]

ノーベル生理学・医学賞受賞者の利根川進氏が、欧米などが激しく競う脳科学研究で存在感を放っている。日本経済新聞のインタビューで「脳の記憶を操る研究手法を確立した。将来はアルツハイマー病やうつ病を治せるかもしれない。20年後には感情豊かな人工知能も作れる」と述べた。いまなお一線に立ち、情熱を注ぐ脳研究の現在と未来を語った。

――米マサチューセッツ工科大学(MIT)教授や理化学研究所脳科学総合研究センタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1675文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン